• HOME
  • 相続手続き全体の流れ

 

 

相続手続き全体の流れ

 

 

STEP1: 死亡届の提出(相続から7日以内)

市区町村の役所に死亡届を提出します。

STEP2: 社会保険、年金関係の相続手続き

市区町村の役所や社会保険事務所等で社会保険や年金関係の手続きをします。

STEP3: 生命保険・損害保険手続き

保険金受取人に指定されている方から保険会社に請求します。

STEP4: 相続人の確定

除籍謄本・改製原戸籍謄本などを調査の上、民法に基づき相続人を確定します。

STEP5: 相続放棄・限定承認」(相続から3か月以内)

被相続人(亡くなった方)に負債が多い場合等は、相続放棄や限定承認を行うために、家庭裁判所に申し立てます。

STEP6: 準確定申告、税の納付(相続から4か月以内)

年金だけでなく、不動産所得等の収入があった方の場合、相続から4か月以内に税務署に準確定申告と税の納付までする必要があります

STEP7: 相続財産(遺産や債務)の調査

預貯金・有価証券・不動産・債務などを調査して、現況に応じて財産目録を作成します。

STEP8: 相続人全員で遺産分割協議

遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。 遺言書のある場合は、遺言書に従って遺言執行者が相続手続きを進めていきます。

STEP9: 不動産の名義変更や預貯金の払戻し等

遺産分割協議(遺言による場合は遺言)、除籍謄本や印鑑証明書などを揃え、金融機関等所定の手続きにより払い戻しや名義書き換え等相続手続きを行います。不動産については相続人へ名義変更するために相続登記の申請を法務局に行います。

STEP10: 相続税申告(相続から10か月以内)

相続税の申告の必要がある場合、税務署に相続税の申告をして相続税の納付します。(納税が不要の場合もあります)。